e1381t.jpg

P5A 石浜監督×足立プロデューサーインタビューから期待が膨らむ【Shin-Q】














3/10発売の『アニメぴあShin-Q vol.3』に雨宮蓮役の福山潤さん、石浜真史監督×足立和紀プロデューサーのインタビュー記事が掲載されました。8ページにわたる特集で、福山さんのインタビューが3ページ、石浜監督×足立プロデューサーのインタビューが3ページの構成です。

P5A放送が楽しみなるインタビューだったので、一部抜粋して紹介します。

アニメぴあShin-Q vol.3

スペシャルインタビュー 石浜真史監督×足立和紀プロデューサー

石浜真史
監督作『新世界より』、映画『ガラスの花と壊す世界』。また、『かみちゅ!』『Aチャンネル』『ヤマノススメセカンドシーズン』『進撃の巨人』『PSYCHO-PASS 2』などのOP絵コンテなどを担当し、スタイリッシュな映像に定評がある。


足立和紀
アニプレックス所属。プロディース作品『P3M』『P4GA』『P5Aデイブレーカーズ』などがある。この他『ReLIFE』『地獄少女 宵伽』などのプロディースも担当。


原作は、とてもボリュームのあるシナリオですが、TVシリーズとして構成するのは相当苦労されたのでは?

石浜:
ストーリーの本筋はしっかりとあって、そこに付随するキャラクターのサブストーリーというふうに厳密に分かれているので、原作はシナリオの扱いが上手いんですよ。なので、アニメでも本筋はしっかりやろうと。後はキャラクターの魅力をどれだけ入れ込めるか、だと思っています。

バランスは足立さんやシリーズ構成の猪爪さんが舵取りをしてくれるので、その内容をどのように描写するか、演出の方に集中していますね。

足立:
コープのシナリオもキャラクターをより魅力的に深掘りさせるためのエッセンスとして随所に盛り込みたいと思っています。本筋に関係ないけど原作ファン的には「これは外せないでしょ」という名シーンもたくさん入れてあります。

石浜:
僕は本読みの時は常々、ストーリーをビジュアル化した際に視聴者にはどう観えているのか考えています。ゲームをプレイしている時に受ける感覚と、アニメの映像から受ける感覚の差異をしっかりと感じて、その間を埋める作業しています。



主人公の「雨宮蓮」について

足立:
P4Aの主人公は鳴上悠という名前でしたが、原作の副島さんが描かれたビジュアルの段階から彼には"男らしさ"があったと思うんですよ。佇まいだったり、ファンから「番長」と呼ばれていたりとか(笑)。それと比べると雨宮蓮は少し繊細で艶っぽさが感じられるようなキャラクターなのかなと。そういうイメージを感じられるようになってくれればいいですね。

最初は天然でちょっとボケたキャラクターにしようとしていたんですよ。でも、意外と歴代主人公の中では一番真面目というか、常識人な気がします。まぁ、過去の2人の主人公があまりにも破天荒でしたけど。

石浜:
シナリオ会議で今までの主人公のうように、もう少し不思議系というか個性を付けていったほうがいいかな、という流れにもなったんですけど、結果的にはそこま付けた感はないですね。

足立:
一般的な学生と怪盗という二面性が元々のテーマの幹に組み込まれているので、それ以上付与する必要が無かったんですよね。昼は普通におとなしい優等生然とした学生。夜は怪盗団のリーダーとして、率先して悪党と対峙していく。そういう二面性が主人公の魅力なのかなと思います。

福山さんが気合が入ってて「抑えて、抑えて」という場面がありましたね(笑)。

石浜:
「気合入ってますね」って言ったら「だって僕、(昼間パート)あんまりしゃべれないじゃん」と(笑)。



モルガナについて

石浜:
マスコット的なキャラクターって、本来は便利に使われてしまいがちなんですが、モルガナはすごく人間的なリアルさがあるので、便利に使ってはいけないキャラクターなんですよ。あの見た目で、別物としてあ疲れずに蓮たちと一緒の目線で存在できるというのは奇跡だと思います。



注目のキャラクターは?

石浜:
やっぱ明智ですよ。怪盗団の対比としてもってこいのキャラクター。怪盗と探偵という図式の美しさは、演出していて本当にありがたいな感じています。

足立:
明智の魅力はアニメでもしっかりと描いていきたいですね。



今回、映像面でチャレンジしていることは?

石浜:
バトルシーンについては、ゲームの魅力をどれだけ再現できるかにかかっていると思うので、アニメならではのものというより、ゲームの気持ちよさをいかに表現できるかですね。「あの戦闘がアニメだとこうなるんだ!」「すげぇ!かっこいい!!」という映像を目指していますし、エフェクトチームも血眼でゲームを見て、再現しようと頑張っています。

みんな「ペルソナ5」が大好きなので苦じゃないんですけど、見ていて気の毒になるぐらい、好きってこういうことなんだなって思います。


ゲームをプレイしている人も未プレイの人も、両方の視聴者を想定した作りにできていると思います。しっかりと、ゲームの魅力が伝えられるものを、スタッフ全員ですごく考えながら作っていて、それが画面に出ていると思います。

映像の世界に引き込まれるような、キャラクターに成り代わって自分もそこに行きたいと思える感覚を得られるような作品になるんじゃないかという気がしています。ぜひ楽しみにしていてください。


全文をご覧になりたい方はご購入を

アニメぴあ Shin-Q vol.3 (ぴあMOOK)
P5A描き下ろしポスター・PPQRコードつき



福山さんのインタビューも、先日ご紹介したPASH!のインタビューとは違った角度での「雨宮蓮」を演じるにあたっての思いや、他の共演者さんとの話など盛りだくさんです。ちなみに、福山さんのメインパーティは竜司・杏・祐介だそうです。こちらも、そのうちご紹介できたらと思います。


石浜監督はオファーがきてから実際にP5をプレイし、原作ファンのこともしっかり考えているようなので、安心して楽しめそうですね!


関連記事
 P5santora300x250  P5kousikigashu300x250

コメント

2018年03月13日(火) 20:45
明智は描いてもいいが、足立のような怖気の奔るお腐れ媚びの優遇はするな。

足立のこと、デビサバ2の失敗、忘れたわけではないぞ。
2018年03月13日(火) 20:47
やっぱり夜はノリノリなんだなショーターイム!
2018年03月13日(火) 21:00
動くジョーカー早く見たいよ〜〜!!
2018年03月13日(火) 21:58
「最初は天然でちょっとボケたキャラクターにしようとしていたんですよ。」
まーた鳴上悠みたいにネタキャラを繰り返そうとしてたのかよ・・・
2018年03月13日(火) 22:05
でも「ニャー」と「チクッ」っていうジョーカーは見たい
2018年03月13日(火) 22:11
たまにボケるぐらいなら構わない
P4Aみたいに登場人物達が一々ボケてこいつら普通に会話出来ないのか?ってならなければ
P4よりシリアス寄りなP5なら尚更
2018年03月13日(火) 22:18
ネタキャラだったとしてもジョーカーとしてのカッコよさ。がちゃんとメリハリ付けてあればいいかな。今回は悠みたいに天然ネタキャラじゃないらしいけど。

怪盗団は
ツッコミ
竜司、杏、モルガナ、真
ボケ
祐介、双葉、春
の感じがあるからジョーカーもボケよりの方がまだキャラは立つのかな
2018年03月13日(火) 23:09
主人公のキャラクターとか大事なこと監督とプロデューサーが勝手に決めるのか…?大丈夫なのかな?信頼できるのか?
せめて橋野さんの意見を聞いて欲しい気がする
2018年03月13日(火) 23:12
AチャンネルのOP爽やかで良かったな
2018年03月13日(火) 23:51
格ゲーで番長は男らしいとアトラスが見本を示してファンも望んでいるのを分かっているのならP4GAが何故ああなったのか問い詰めたい
P5は安心出来そうだけど
2018年03月14日(水) 00:08
P4Uの番長も足立によると天然な部分もあるらしいが
2018年03月14日(水) 00:23
P4Aはセリフ演出ギャグ回みたいな所あったけど
P5は本筋にボケが挟まる程度ちゃうかな

死神 刑死者 塔の改心話は入れて欲しい
コープの締めは太陽で
2018年03月14日(水) 01:28
4GAとデビサバ2に共通しているのは1クールだったこと。
つまり尺が充分取れればある程度期待はできるはず…
2クールでもだいぶキツキツだろうから、シナリオの取捨選択はしっかりやって欲しい。
2018年03月14日(水) 08:12
天然でちょっとボケたキャラクターha
3も4も同じだったから、そうじゃなくてよかった、
まあその原因はゲームでのネタ選択肢なんだけどな(笑)
2018年03月14日(水) 11:17
P4は番長の選択肢だけじゃなく
八高教師陣や顔グラなしのクエスト依頼人まで
全体の雰囲気としてかなりコメディに振ってるから
アニメもそれに寄せたんじゃね

5は本筋もモブもコメディ要素薄いから
くすぐりを入れる余地は杉田の匙加減くらいかな
2018年03月14日(水) 14:26
戦闘に関してはアニメならではのがいいのでは?P4AもP3mもデイブレイカーズも見応えなかったし。
2018年03月14日(水) 16:45
デイブレイカーズの戦闘でハイタッチ再現してたけど
ゲームならかっこいいけどアニメでやると何かダサく見えるんだよな
2018年03月14日(水) 16:58
キャベツ刑事がプロデューサーしてたのな
本当世の中クソだな
2018年03月14日(水) 18:33
今回の監督は映像派らしいからPV見た感じも戦闘の映像や演出とかは期待できそう
2018年03月14日(水) 20:06
足立は最初のトリニティソウル失敗させた時点で降ろすべきだった
2018年03月15日(木) 10:24
ペルソナQの番長のノリは良いけど真面目天然とキタローのけだるげおっとり具合は良かった
ジョーカー普段常識人で大人しいなら、もし会っても仲悪くはならなそうだな

コメントの投稿

 作品に対する不満のコメントは不満・愚痴専用欄に投稿してください。

  また、誘導もお願いいたします。皆さんが楽しく使えるようご協力ください。
非公開コメント

 

 ※当ブログは、5ch.netの所有者Loki Technology,Inc.からコンテンツ使用許諾を得ています

 ※煽り・中傷・人格攻撃・自演などの迷惑行為は削除や規制の対象となります

  悪質な場合はホスト・IP情報をもとにプロバイダー及び所轄の警察署へ連絡致します

  他の閲覧者を不快にさせないようマナーを守ってご利用ください
   

 Sponsored Link
 関連グッズ
amazon2018dancing.jpg amazon20thperukon.jpg amazonp5maniakus.jpg amazonp5maniaxtape2.jpg amazonp5kyaraanso.jpg amazonp5ansodna1 amazonperumaga20th amazonp5anso
 
 人気記事
 リンク
RSSリンクの表示
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Sponsored Link
ペルソナ persona ペルソナ5 ペルソナ5 P5 persona5 persona5theanimation P5A p5a 女神異聞録 罪罰 ペルソナ3 ペルソナ3 persona3 P3 P3F P3P P3M ペルソナ4 ペルソナ4 persona4 P4 P4G P4A P4GA personaQ PQ PQ2 最新情報 攻略 まとめ ブログ 2ch 5ch 評判 感想 雨宮蓮 来栖暁 福山潤 高巻杏 水樹奈々 佐倉双葉 悠木碧 新島真 佐藤利奈 奥村春 戸松遥 明智吾郎 保志総一朗 喜多川祐介 杉田智和 坂本竜司 宮野真守 モルガナ 大谷育江 ジョーカー アルセーヌ カルメン キャプテンキッド ゴエモン ミラディ ヨハンナ ネクロノミコン ゾロ 鳴上悠 番長 結城理 キタロー 足立透 キャベツ 東郷一二三 武見妙 川上貞代 べっきぃ 新島冴 どうなの イゴール ベルベットルーム カロリーヌ ジュスティーヌ コープ パレス メメントス 女神転生 メガテン アバチュ ライドウ アトラス ATLUS 真エンド アバチュ ライドウ D2メガテン ペルソナまとめサイト ペルソナ5まとめサイト