e934t

ペルソナ5 橋野桂Pのインタビュー「ペルソナ5」制作秘話と今後の展望【IGN】












ゲームメディアIGNにて橋野桂氏の特集インタビューが掲載されました
今までほとんど語られなかったペルソナ5の話やベルベットルームの住人の話、後半には新規ファンタジーPRGへの思いなどボリュームが多かったです

一部抜粋して紹介します
IGN Japan
http://jp.ign.com/shin-megami-tensei-persona-5/14275/interview/5
橋野桂に聞く制作秘話と今後の展望


――地方都市から東京が舞台となった理由について教えてください。

「ペルソナ3」も「ペルソナ4」も地方都市だったので、場所を決めた瞬間、高校生がショッピングに行くならこんなところ、商店街はこんな感じ、それで川があって……みたいに地域が限定されていたのである程度作りやすかったんです。

でも「ペルソナ5」の「世間を騒がせる怪盗」というのを考えると、地方都市だとなかなかしっくりこない。ちょっと白けちゃうというのがあって、もっとも文化の中心であるとか、情報発信の中心になってるとか――そういう場所を選ばなきゃいけないというのが大きな理由です。

「東京の高校生って学校の友達と同じ街に帰らない」最寄りの大きなターミナルに一緒に行くか、全員がバラバラに散って地元のターミナルで地元の子と遊ぶって文化だった。だからリアリティのある東京の高校生活を描くには、東京の全部のマップを作らないとダメだろうし、ユーザーも「東京を描くんだったら、箱庭みたいにして東京のほとんどの主要都市に行けるようにしてほしい」って思うだろうと悩みました。

僕は地方から東京に来たんだけど、東京の全部の街って行ったことないんですよ。ただそれでも詳しい街はやっぱりある。仲間や仲間のクラスメイトに「吉祥寺の井の頭公園に行こうよ」って言われたら井の頭公園を知るし、「荻窪のラーメン屋に行こうよ」って言われたら荻窪を知ると思うんです。そういった「人の絆こそが自分の行動範囲を決めていく」というのが「ペルソナ5」らしいし、都会のコミュニティ形成というものをマップからも味わえるかな、と。



――ベルベットルームの住人の名前が「フランケンシュタイン」に出てくるキャラクターの名前なのは何か理由があるのでしょうか。

「フランケンシュタイン」は人格形成の話になってて、生まれたときから怪物だった存在が「自分って何者なんだろう?」っていうユングでいうところの「セルフ」を見つける旅のお話なんです。その「フランケンシュタイン」で描かれている「自分は一体何者なのか?」というテーマは、「ペルソナ」で描こうとしている本流と同じなんですよね。

若者が何を正しいと思って、何を美しいと思って進んでいくのかという――そういう自己批評能力を自分の頭で定義するのが、ジュブナイルとしての王道だと思っています。なので「フランケンシュタイン」の世界から自分のイマジネーションの世界、つまりベルベットルームの住人のネームを取ることは筋が通っていると思っていて、ずっとそれに倣っているんです。

ベルベットルームのパーソナリティを高くしてしまうと、やっぱり自分の心のなかの人格の記号みたいなものが薄れて、どんどん他人になってしまう気がする。だから、「ペルソナ5」までは掘り下げずにきていますね。

人格的にはひとつなんだけど、自分のなかのおばあさん的な知恵が急に働いたり、おじいさんから受け取った言葉が働いたり、ときによってそれはお兄さんだったり妹だったり。自分を見つめるときに響く他人の言葉って、その都度、心のなかで変化するような気がするんですよね。だからすごく不思議であやふやなものであってほしい、という感じはしています。


全文はこちら
http://jp.ign.com/shin-megami-tensei-persona-5/14275/interview/5




橋野桂氏インタビュー動画
「"王道"には2つの意味があると思うんです」


インタビュー記事も動画も非常に良いものなのでお時間がある時にご覧になることをオススメします。


現代劇という枷を外してできる物語「Project Re Fantasy」の方も期待が持てますね!



関連記事
 P5santora300x250  P5kousikigashu300x250

コメント

2017年06月10日(土) 18:54
ベルベットルームがフランケンシュタインとか初めて知った
2017年06月10日(土) 22:03
エリザベスあたりまではフランケンシュタインの登場人物から推理できたけどラヴェンツァも元ネタがあるのか
2017年06月11日(日) 00:43
橋野さんは本当に理路整然と語るね
読んでてかなり納得できる
2017年06月11日(日) 10:29
面白かった
ってかフランケンシュタインが元ネタって知らなかったわ
2017年06月11日(日) 12:23
修学旅行がせっかく海外に行ったのに味気ない…と不満が多かったけど、
制作側としては意図したものだったのか
2017年06月11日(日) 13:13
ペルソナに限らずアトラスのゲームで制作者が意図しない、無意味な要素は多分ないと思う
それが良いか不満かは別にしてね
2017年06月11日(日) 13:40
学校生活が(ryとか怪盗団でもっと行動したいとかもここで見たけど、当然意図的なものだからね
アトラスは基本的にテーマに沿って自分たちのやりたいことをやる会社だから
2017年06月11日(日) 17:12
フランケンシュタインが元ネタって業魔殿のヴィクトルとメアリが先じゃね
2017年06月12日(月) 15:44
デビサマが95年12月で異聞録ペルソナが96年9月だから確かにヴィクトルのほうが先ではある。
まあ開発時期はカブってんじゃないかって気もする。
同じくらいの時期に出た2つのゲームの合体担当キャラが両方ともフランケンシュタインネタってのは何かの意図があったのか誰かの趣味なのか分からんけど。
メアリはソウルハッカーズからで元ネタがフランケンシュタインの登場人物じゃなく作者名でフィクションとメタの境界が揺らいでネタ感が強くなってるな。ヴィクトルはフランケンシュタイン博士本人であるという設定になってるからなおさら。

>>2
フランケンシュタインに登場するエリザベスのフルネームは「エリザベス・ラヴェンツァ」

コメントの投稿

非公開コメント

 

 ※煽り・中傷・人格攻撃・自演などのコメントは削除や規制の対象となります

  悪質な場合はホスト・IP情報をもとにプロバイダー及び所轄の警察署へ連絡致します

  他の閲覧者を不快にさせないようマナーを守ってご利用ください
   

 PERSORA AWARDS 2
amazperuawa2box amazperuawa2DVD
 関連グッズ
amazonp5maniakus.jpg amazonp5kyaraanso.jpg amazonichijinshaannsorrovol2 amazonp5ansodna1 amazonperumaga20th amazonp5anso
 
 人気記事
 検索するの?どうなの!
 リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
RPG
4位
アクセスランキングを見る>>
 RSSリンクの表示
 ゲーム
amazonmegatendsj.jpg amazonsekadan2
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Sponsored Link