2091t.jpg

P5A 石浜監督×猪爪氏(シリーズ構成)インタビュー【ニュータイプ】















1/10(木)発売のニュータイプ2019年2月号に、P5A石浜真史監督とシリーズ構成担当猪爪真一氏のTVシリーズ最終回やDark Sun...についてのインタビューが掲載されました。一部ご紹介します。


ニュータイプ2019年2月号

何度でも熱きクライマックスを


---TVシリーズ最終話を世に送り出したときの反響をどのように受け止めていますか?


石浜
ラストをどう受け止めていただけるかドキドキもしましたが、おおむねポジティブに反応していただけて、ホッとしました。ずっと感じてきていることですが、とにかくこの作品のファンの方々は懐が深いんですよね。最終話の第26話は、猪爪さんから上がってきたシナリオの初稿にものすごいキレがあって非常に力強いものだったので、それに力をもらいものだったので、それに力をもらって走り抜けられた感じもあります。ただ、稿を重ねるなかで原作の設定に合わせてどうしても丸くせざるをえない部分も出てきてしまって。だから、コンテに起こすときに意識したのは、猪爪さんの初稿に感じた勢いをすくい取ることでした。


猪爪

特番に続くとはいえ、まずはTVシリーズで描く物語としての区切りをつけたいという思いだったのですが、コンテと演出で本当にすばらしいフィルムにしていただきました。特に、ルブランにいるときの明智とか、難しい描写を絶妙に処理していただけて、かっこよかったです。


---年末特番では、明智とのエピソードに決着がついていますが、蓮と明智の関係性をどのようにとらえて描いていったのでしょう?


猪爪
そもそもの成り立ちからして対になっているといえる2人なので、その裏設定を常に意識して構成していきました。太陽と月の関係というか、「アマデウス」で描かれたモーツァルトとサリエリのような……。明智はすごく蓮のことを意識していると思うのですが、蓮はあまりそういう感じではないんですよね。


石浜

とても魅力のある関係性ですよね。


猪爪
何だかこの2人って、もしあのとき、ああなっていなかったらどうなっていたんだろう……?とか考えさせられる存在ですよね。


---映像的に手ごたえを感じている部分は?


石浜
シドウパレスは、画的にもなかなかおもしろい舞台になったのではないでしょうか。


猪爪
異世界なんですけど、これまでのパレスより現実感があるなあって思いました。アニメというより、ハリウッド映画のイメージというか。


石浜
バトルシーンのCGは、フラフィニカさんが本気の仕事をぶつけてくださいまして。いつも、スケジュールや予算から想定するラインをはるかに越えた熱量のこもったものを届けてくださるのですが、その迫力にも注目していただけたらと思います。アクションでありながら会話劇でもあるので、シナリオの柱あってのものですが、気持ちの決着がついて、勝負の決着がつくというところを描いていきました。


---お互いにお仕事をともにされていかがでしたか?


石浜
もう、全幅の信頼を置いています。物書きの方の思考回路というのは、僕のなかにまったくない領域なので、すべてが新鮮で、勉強になると常々思っている。設定上、どうしても変更しないといけないところが出てきたとしても、変に固執せず、スッとプラスの方向に切り替えてくださる。作品のためにいっしょに進んでいけるクリエイターさんだなあと思いました。


猪爪
こんなにすてきに仕上げていただいて、リスペクトしかありません。石浜さんも現場の皆さんも、いつもしっかりシナリオを受け止めてくださって、それがありがたくて。まだ、どんな放送形態になるのかも決まってない段階から、第26話の区切りも今と同じ位置にあった。で、「この後どうしますかねえ」って話してたら、足立(和紀)Pが「ここで切ったらおもしろいんじゃないか」とかおっしゃって。


石浜
そうでしたねえ。そんなことが可能なら、ぜひやってみたいと思いましたが、本当にそれが実現するとは……。放送形態も含めて、この物語を描くのに、ベストな形になったのではないかと思います。


猪爪
前編も見どころ満載だったかと思うのですが、後編となる完結編はさらに息もつかせぬ展開になりますのでお楽しみに。……いやあ、でも、これをつくるのは大変だと思いますよ?


石浜
原作とはまた違うテンポ感だと思いますが、蓮を中心とした怪盗団に感情移入していく物語としては、ぎゅっと熱い構成になっているのではないでしょうか。完結編まで、またお待たせしてしまうのは申し訳なくもありますが、最後までしっかり力を込めて臨みますので、ご期待ください。


猪爪
ポジティブに考えれば何度もクライマックスを楽しめる、ということですからね(笑)。


全文はこちら

ニュータイプ 2019年2月号








ニュータイプ 2018年10月号


おめでとうございます🎉
関連記事
 P5santora300x250  P5kousikigashu300x250

コメント

2019年01月20日(日) 06:49
OP映像やアニオリの明智演出もだけど全編的にアニメスタッフの趣味に走ったアニメ化作品だったなあっていう印象。放送スケジュールは放送局からの指示で仕方なかったにしても個人的に円盤で見返したい出来ではなかった・・・。

コメントの投稿

 作品に対する不満のコメントは不満・愚痴専用欄に投稿してください。

  また、誘導もお願いいたします。皆さんが楽しく使えるようご協力ください。
非公開コメント

 

 ※当ブログは、5ch.netの所有者Loki Technology,Inc.からコンテンツ使用許諾を得ています

 ※煽り・中傷・人格攻撃・自演などの迷惑行為は削除や規制の対象となります

  悪質な場合はホスト・IP情報をもとにプロバイダー及び所轄の警察署へ連絡致します

  他の閲覧者を不快にさせないようマナーを守ってご利用ください
   

 Sponsored Link
 関連グッズ
amazon2018dancing.jpg amazon20thperukon.jpg amazonp5maniakus.jpg amazonp5maniaxtape2.jpg amazonp5kyaraanso.jpg amazonp5ansodna1 amazonperumaga20th amazonp5anso
 
 人気記事
 リンク
RSSリンクの表示
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Sponsored Link
ペルソナ persona ペルソナ5 ペルソナ5 P5 persona5 persona5theanimation P5A p5a 女神異聞録 罪罰 ペルソナ3 ペルソナ3 persona3 P3 P3F P3P P3M ペルソナ4 ペルソナ4 persona4 P4 P4G P4A P4GA personaQ PQ PQ2 最新情報 攻略 まとめ ブログ 2ch 5ch 評判 感想 雨宮蓮 来栖暁 福山潤 高巻杏 水樹奈々 佐倉双葉 悠木碧 新島真 佐藤利奈 奥村春 戸松遥 明智吾郎 保志総一朗 喜多川祐介 杉田智和 坂本竜司 宮野真守 モルガナ 大谷育江 ジョーカー アルセーヌ カルメン キャプテンキッド ゴエモン ミラディ ヨハンナ ネクロノミコン ゾロ 鳴上悠 番長 結城理 キタロー 足立透 キャベツ 東郷一二三 武見妙 川上貞代 べっきぃ 新島冴 どうなの イゴール ベルベットルーム カロリーヌ ジュスティーヌ コープ パレス メメントス 女神転生 メガテン アバチュ ライドウ アトラス ATLUS 真エンド アバチュ ライドウ D2メガテン ペルソナまとめサイト ペルソナ5まとめサイト