2515t.jpg

ペルソナチーム P5からP5Rまでの3年間の取り組み【4gamer】&十三機兵防衛圏 2019ユーザー投票2位【IGN japan】・その他














4gamer
https://www.4gamer.net/games/446/G044617/20191220174/

「ペルソナ5」から「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」までの3年で取り組んだシリーズの挑戦とは。ペルソナチームの和田和久氏と伊東大輝氏,デザイナーの副島成記氏に話を聞いた

001_20191231185143f56.jpg

4Gamer:
 「P3D」「P5D」が2018年5月24日,「PQ2」が同年11月29日,そして「PQ2」から約1年後の2019年10月31日に「P5R」発売と,ここ3年はハイペースでリリースされたという印象があります。作業時期もかなりかぶっていたんじゃないでしょうか。

和田氏:
 開発のスタート自体はもちろんそれぞれバラバラではあったのですが,実質的にはほぼ並行して動いていたので,3タイトルの作業がかぶっている時期もありましたね。
 「P3D」「P5D」は,企画自体「P5」発売前から内容を練っていたのですが,まずは「P5」をチーム全力で仕上げなければというところで一度止まっていたものでした。正式なGOサインが出てからはすぐ進められたので,発売日順どおり「P3D」「P5D」が一番早く動いていたかなと思います。

 本当に少ないメンバーで動いていて,たしか最大時で10~15人くらいだったはずです。グラフィックス周りなど外注にお願いした部分もありましたが,少人数ながらもけっこう内部で作っていましたね。
 2015年に発売した「ダンシング」シリーズ第1作「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」の制作後半で外部メインから内部制作に移行していたため,そのときに培ったノウハウを活かせました。

4Gamer:
 「PQ2」はいかがでしょう。1作目の「PQ」がメインシリーズに負けず劣らず重たいストーリーでした。「PQ2」もそれに準じたものを目指していたと思うので,こちらと「P5R」が同時だったとするとこれは大変そうだな思えます。

伊東氏:
 こちらはシナリオは大変でした。まさに「P5R」も進んでいたので,シナリオチームは優先度に応じて人をスライドさせながら,両方の作業を進めていましたね。

副島氏:
 私の役割は主に監修だったのですが,この3作品では本当にペルソナチームのP-STUDIO アートユニットが活躍していました。「PQ2」は織部(デザイナーの織部花子氏)がアートディレクションやキャラクターデザインで頑張っていましたし,「P3D」「P5D」はアートユニットの4人がひたすら膨大な衣装を作り続けていました。
 「P3D」「P5D」「PQ2」がかぶっていた時期が,アートユニットにとって一番大変な時期だったかもしれません。

和田氏:
 以前は衣装をたくさん作るという文化があまりなかったのですが,「ダンシング」シリーズではこれがだいぶ増えましたね。それがシリーズの魅力にもなっているので。

副島氏:
 ただ数を用意するだけなら専任のデザイナーではなくていいのですが,登場人物それぞれに合ったものをとなるとそうはいかないですからね。
 「P3D」「P5D」はストーリー性を抑えた分,衣装はキャラクターたちそれぞれのバックグラウンドが外見から透けて見えるようなデザインを目指しました。単純にカッコいいというデザインではなく,「彼はこういう考えを持っているからこの装飾を選んだのかな」「彼女はこういうギャップを狙ったのかな」みたいなことを考えて進めていったので,話し合いが多かった印象です。

4Gamer:
 では「P5R」について聞かせてください。企画立ち上げ自体はいつごろのことなのでしょう。

伊東氏:
 説明が難しいところではありますが,“P5R”みたいなものをやろうというのは,「P5」完成後ほどなくしたあたりからぼんやりとあったかなと。

和田氏:
 まずは3学期の内容をおおよそ固めていて,そこに至るまでに必要な物語や,あったら盛り上がるだろうという展開を,もともとあるストーリーに“挟み込んでいく”という進め方でした。具体的なものだと,新キャラクターの芳澤かすみと丸喜拓人の役割設定や,3学期のキーとなる明智吾郎のコープを一新して主人公との関係を深掘りしたところでしょうか。
 メインストーリーの進行中に挿入されるイベントで見せる部分とコープで見せる部分,この2つで内容を分けたり調整したりという感じだったのですが……これがカレンダーで進行するシリーズ独特のシステムが作業難度を高くしておりまして(笑)。

4Gamer:
 「ペルソナ」シリーズの広がり方について教えてください。「P3」や「P4」に引き続きアニメやライブ,舞台といった展開が活発なのはもちろんですが,ここ最近はスマホゲームとのコラボもよく見るようになりました。

副島氏:
 でも,こうしてコラボの機会が増える前から,お声掛けしてくれる社外の方たちって,「自分自身がペルソナファンです」っていう熱量の高い人が多いです。
 「IPの知名度はこうで,相乗効果がこうで」というビジネス的な話というより,「武見(妙)先生のフィギュアが作りたいんです!」「えっ,まだメインの怪盗団たちもあまり出ていないのに?」みたいな感じで(笑)。そういった方々に支えられていることも多いですよね。

全文はこちら
https://www.4gamer.net/games/
446/G044617/20191220174/


インタビューの流れがわかるようにだけ抜粋していますので、全文は5倍以上あります。
面白いので、時間があるときにでも読んでみてください。




IGN japan
https://jp.ign.com/users-choice-2019/40689/feature/ign-japan2019death-strandingusers-choice-2019

読者の選ぶ2019年のベストゲームは『DEATH STRANDING』に!IGN JAPAN USER'S CHOICE 2019結果発表

2位『十三機兵防衛圏』

どうしてこんな事になったのか? そしてどうして行くのか これをひたすら探求する作品なのですが、とても丁寧に作られていて、先が見たくて時間を忘れプレイ出来ました。多くの人に知ってもらいたい作品だと思ったので、投票させていただきます。 結末は是非自分の目で!

美麗な2D風グラフィック、物語を盛り上げる音楽と爽快感抜群のシミュレーションパート。そして何よりも先が気になって止め時を失うほどの練り込まれたシナリオと欠点らしい欠点が見当たらない今年一番熱中したゲームでした。アトラスとヴァニラウェアにはとにかく感謝の言葉しかないです。本当にこのゲームを発売してくれてありがとう。

2位にランクインしたのは『十三機兵防衛圏』。ヴァニラウェアらしい美しいビジュアルをはじめとして、全面的に高い評価となったようだ。なかでも先が気になるストーリーや無駄のないその構成を美点として挙げる人が多く、クリア後の余韻について語っている人も多かった。リリースからまだひと月ほどと日が浅いので、今後さらに人気を高めていきそうだ。


1位『DEATH STRANDING』

全文はこちら
https://jp.ign.com/users-choice-2019/40689/feature/ign-japan2019death-strandingusers-choice-2019



















p5rza.jpg


十三機兵防衛圏 - PS4



関連記事
 P5santora300x250  P5kousikigashu300x250

コメント

2020年01月01日(水) 08:28
武見先生のフィギュア人気とかじゃなくて作りたいという非常に私的な理由だったのかい!黒下着は公式設定でしょうか?
2020年01月01日(水) 11:43
武見先生の脚…あれはいいものだ
フィギュアといえば芳澤のフィギュアはLucreaの方はコレジャナイ感すごい
顔も体型もポージングも
今のところAMAKUNIとLucreaからしか出ないけど増えそう
2020年01月01日(水) 12:01
ナビとヨハンナに跨がるクイーンのフィギュアは出来良かったからあのクオリティで芳澤フィギュア造ってほしいなぁ
Lucreaフィギュアは15歳の体型じゃないなアレ
確かに作中で「細っ」って言われるぐらいスタイル良い美少女だけど、新体操選手らしくもう少し抑えめにしてほしい

コメントの投稿

 作品に対する不満のコメントは不満・愚痴専用欄に投稿してください。

  また、誘導もお願いいたします。皆さんが楽しく使えるようご協力ください。
非公開コメント

 

 ※当ブログは、5ch.netの所有者Loki Technology,Inc.からコンテンツ使用許諾を得ています

 ※煽り・中傷・人格攻撃・自演などの迷惑行為は削除や規制の対象となります

  悪質な場合はホスト・IP情報をもとにプロバイダー及び所轄の警察署へ連絡致します

  他の閲覧者を不快にさせないようマナーを守ってご利用ください
   

 Sponsored Link
 関連グッズ
pmr.jpg amazon2018dancing.jpg amazon20thperukon.jpg amazonp5maniakus.jpg amazonp5maniaxtape2.jpg amazonp5kyaraanso.jpg amazonp5ansodna1 amazonperumaga20th
 
 人気記事
 リンク
RSSリンクの表示
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Sponsored Link
ペルソナ persona ペルソナ5 ペルソナ5 P5 persona5 persona5theanimation P5A p5a p5r p5s 女神異聞録 罪罰 ペルソナ3 ペルソナ3 persona3 P3 P3F P3P P3M ペルソナ4 ペルソナ4 persona4 P4 P4G P4A P4GA personaQ PQ PQ2 最新情報 攻略 まとめ ブログ 2ch 5ch 評判 感想 雨宮蓮 来栖暁 福山潤 高巻杏 水樹奈々 佐倉双葉 悠木碧 新島真 佐藤利奈 奥村春 戸松遥 明智吾郎 保志総一朗 喜多川祐介 杉田智和 坂本竜司 宮野真守 モルガナ 大谷育江 ジョーカー アルセーヌ カルメン キャプテンキッド ゴエモン ミラディ ヨハンナ ネクロノミコン ゾロ 鳴上悠 番長 結城理 キタロー 足立透 キャベツ 東郷一二三 武見妙 川上貞代 べっきぃ 新島冴 どうなの イゴール ベルベットルーム カロリーヌ ジュスティーヌ コープ パレス メメントス 女神転生 メガテン アバチュ ライドウ アトラス ATLUS 真エンド アバチュ ライドウ D2メガテン ペルソナまとめサイト ペルソナ5まとめサイト