e2029t.jpg

PQ2 「ホラー禁止」"ここだけの話"金田プロデューサー・藍原ディレクターインタビュー【電撃オンライン】














電撃ONLINE
http://dengekionline.com/elem/000/001/845/1845718/

pq2_01_cs1w1_720x.jpg

『ペルソナQ2』プロデューサー&ディレクター“ここだけの話”インタビュー!【PQ2連載】

――最初に金田さんから渡された大枠や決まりごとのなかで、印象的なものをお聞かせください。

藍原:ストーリー部分でいうと“ホラー禁止”というのがありました。

金田:前作のおばけ屋敷が、遊ぶ方によっては恐すぎてプレイに支障が出てしまっていました。当時は本物のオバケ屋敷へ取材に行って、その成果がいかんなく発揮されていたのですが……やり過ぎたと反省しました。

――確かに、赤ん坊のF.O.Eや市松人形が飛び出すギミックは怖かったです……。

金田:そうした雰囲気に加えて謎解きの難易度が高めだったこともあり、辛い迷宮になってしまったかなと思っています。今回はホラーはありませんのでご安心ください。


――メンバーを守る“ラインガード”などが追加されたことで、パーティ編成で考える場面が増えましたね。

藍原:ダンジョンRPGとしての楽しい遊びを研究しました。ただ単に弱点を突いて倒すバトルだけではなく、5人のパーティメンバーにそれぞれ役割を持たせて、さらにカスタマイズするためにサブペルソナを育成させていく、という作りになっています。

――実際にプレイしてみて、序盤における竜司の“頼れるタンクぶり”に感動すら覚えました。

藍原:タンクとしては、春もオススメですよ。彼女は一定確率で敵からの攻撃を無効化する“アックスガード”というスキルを習得するんですが、サブペルソナ等で“ラインガード”を追加すると、スキルのシナジーで打たれ強さがグンとアップします。


――UI周りも『P5』に近い直感的な操作になっていますよね。

藍原:『P5』で設計したダイレクトコマンドというシステムを取り入れ、『世界樹』をベースにしつつも『P5』ユーザーがすんなり入れて、かつ気持ちよく遊べるUIを目指しました。バトル以外のUIも、かなり動かしていますが、視認性も操作性も捨てず、デザインから世界観も感じられるペルソナらしいUIに仕上がっています。これはUIデザイナーとUIプログラマーが頑張ってくれた部分ですね。


金田:協力技は開発のかなり後半になって入れたんです。見た目も派手ですし、クロスオーバー感も出せるので「今ならまだギリギリ間に合う」という時期に入れてもらった記憶があります。

――確かに、賑やかな演出が多いですね。

金田:悪ノリもたくさんありました。クマの女装なんて、あそこしか出ませんからね。

藍原:金田さんがやりたいって言ったんでしょう(笑)。

金田:協力技の最初の案出しは私がやったんですけど、そのときにかっこいい技だけじゃなくておもしろい系も欲しいと思い、女装した熊田は出してほしいとデザイナーにお願いしました。




――世界観やストーリーについてお聞かせください。まず、今回、映画を題材にした理由とは?

金田:いちばん最初に、今回はパーティに参加するキャラクターがとても多いですから、時を遡っていく物語はどうだろうと考えたんです。アカシックレコード的なものに関わっていくようなイメージでした。そこで、多くの情報が集まりつつ、かつゲームの仕組みの関係でアジトというかロビーにもなれる場所はどこだろうと、デザインチームにアイデアを募集しました。

藍原:そのなかで出てきた案の1つが、映画館のロビーやスクリーンの前でした。

金田:前作との差別化という点でも、それはおもしろいのではないかということになりました。映画のなかに入るようになったのは、藍原がシナリオライターと内容を詰めていく過程で決まっていったように記憶しています。


――各映画のモチーフはどうやって決められたのしょうか?


藍原:周囲からの圧力を題材にすると決まったとき、それと同時に映画も選定していきました。「権力を描くならヒーロー映画なんじゃないか」みたいな感じですね。

――他にも候補はあったのでしょうか?


藍原:ホラーがありました。

金田:ホラーはダメ(笑)。まわりの人間がゾンビになってしまうような話は、周囲からの圧力にはハマりそうでしたけど。



全文はこちら
http://dengekionline.com/elem/000/001/845/1845718/




全文は、紹介した量の3~4倍程のインタビューなので、お時間があるときにでも是非。


  ホ、ホラーは禁止!
pq2bbs.jpg


ペルソナ5 ダンシング・スターナイト A5クリアファイル BOX商品 1BOX=9個入り、全9種類


関連記事
 P5santora300x250  P5kousikigashu300x250

コメント

2018年12月13日(木) 23:00
第4迷宮はまあまあホラーだったんですが…
2018年12月14日(金) 00:42
第4迷宮の方がイヤな怖さなんだけどw
2018年12月14日(金) 03:18
1.2
分かるわw
第4迷宮の再奥めちゃくちゃ怖かったわ
2018年12月14日(金) 09:48
無印のホラー風味は好きだったなあ
2018年12月14日(金) 17:16
仮にゾンビ映画があったとして、どういった内容になるだろう?
主人公と思しき人間がゾンビたちに「悪」と決めつけられそうな予告が流れそう
少なくとも前作よりは怖さが軽減されてそうではある

第4迷宮のボスの「いかにもクリーチャー!」って感じのずんぐりむっくり感が好き
2018年12月14日(金) 19:03
和風ホラー(お化け屋敷)から洋風ホラー(視覚的恐怖)になっただけなんでずがそれは
2018年12月14日(金) 19:25
ホラー禁止(サイコは有り)

コメントの投稿

 作品に対する不満のコメントは不満・愚痴専用欄に投稿してください。

  また、誘導もお願いいたします。皆さんが楽しく使えるようご協力ください。
非公開コメント

 

 ※当ブログは、5ch.netの所有者Loki Technology,Inc.からコンテンツ使用許諾を得ています

 ※煽り・中傷・人格攻撃・自演などの迷惑行為は削除や規制の対象となります

  悪質な場合はホスト・IP情報をもとにプロバイダー及び所轄の警察署へ連絡致します

  他の閲覧者を不快にさせないようマナーを守ってご利用ください
   

 Sponsored Link
 関連グッズ
amazon2018dancing.jpg amazon20thperukon.jpg amazonp5maniakus.jpg amazonp5maniaxtape2.jpg amazonp5kyaraanso.jpg amazonp5ansodna1 amazonperumaga20th amazonp5anso
 
 人気記事
 リンク
RSSリンクの表示
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Sponsored Link
ペルソナ persona ペルソナ5 ペルソナ5 P5 persona5 persona5theanimation P5A p5a 女神異聞録 罪罰 ペルソナ3 ペルソナ3 persona3 P3 P3F P3P P3M ペルソナ4 ペルソナ4 persona4 P4 P4G P4A P4GA personaQ PQ PQ2 最新情報 攻略 まとめ ブログ 2ch 5ch 評判 感想 雨宮蓮 来栖暁 福山潤 高巻杏 水樹奈々 佐倉双葉 悠木碧 新島真 佐藤利奈 奥村春 戸松遥 明智吾郎 保志総一朗 喜多川祐介 杉田智和 坂本竜司 宮野真守 モルガナ 大谷育江 ジョーカー アルセーヌ カルメン キャプテンキッド ゴエモン ミラディ ヨハンナ ネクロノミコン ゾロ 鳴上悠 番長 結城理 キタロー 足立透 キャベツ 東郷一二三 武見妙 川上貞代 べっきぃ 新島冴 どうなの イゴール ベルベットルーム カロリーヌ ジュスティーヌ コープ パレス メメントス 女神転生 メガテン アバチュ ライドウ アトラス ATLUS 真エンド アバチュ ライドウ D2メガテン ペルソナまとめサイト ペルソナ5まとめサイト