2497t.jpg

P5S 【ファミ通】プレミア体験会レビュー・コミカライズ更新情報・その他















ファミ通.com
https://www.famitsu.com/news/201912/09188565.html

『ペルソナ5』らしさは健在! 『P5S ザ ファントム ストライカーズ』世界最速プレミアム体験会でわかった作品の手触り

序盤からイベントや日常パートが充実! ストーリーの濃密さは本編にも引けを取らない!

まずプロローグでは渋谷のような異世界でいきなりバトルがスタートするが、これは『P5』冒頭のパレス脱出シーンのように、もっとあとの本編での展開を先取りで少し体験できるという程度のもの。ボタン連打で敵をなぎ払い、『P5S』の爽快バトルの一端を味わえる。

新たに発生しつつある人格豹変事件について公安らしき人々が会議を行うシーン、久しぶりに四軒茶屋行きの電車に乗っている主人公とモルガナのシーン、そして四軒茶屋の街を実際に移動できる探索パートを経て、喫茶ルブランでの仲間たちとの再会シーンがアニメで流される。ここまでをプレイしての印象は、冒頭のバトルを除くと『P5』のプレイ感覚そのままということ。

前述のシナリオや会話内容はもとより、新たに作られた四軒茶屋のマップも時おり表示されるチュートリアル画面も、『P5』で感じていた空気感をそのまま引き継いでいる。多くのアクションRPGでは、アクションシーンがメインであってシナリオ部分はただの“つなぎ”であることも珍しくないが、本作の場合はRPG部分の要となるシナリオ、日常パートがとても充実しているのが特徴だ。

 またプレイ感覚や雰囲気が『P5』そのままと述べたが、これは単なるコピーという意味ではなく、続編として満足のいく進化もしているのがポイント。例えばBGMとして流れるおなじみの“Beneath the Mask”や“Tokyo Daylight”が『P5』原曲のまま楽しめる一方で、今回プレイした範囲では“Last Surprise”や“Keeper of Lust”の秀逸なアレンジが確認できた。アクションバトルを盛り上げ、コントローラーを操る指の動きも軽快になりそうな感じだ。

またマップやキャラクターの3Dモデルもほぼ新規で作られており、とくに新しい夏服が拝める私服モデルがすばらしい。さらにゲームをもう少し進めると見られる各種メニュー画面も一新されており、各メニュー項目は怪盗団メンバーの姿をデザインとして取り込んだお洒落なものとなっている。体験会の参加者に人気だったのは、ショップメニューで登場する新キャラ・ソフィア。

y_5ded038e72dac.jpg

『無双』ではなくやはり『ペルソナ5』! アクションが不慣れでも爽快バトルを楽しめるシステム満載

ボタン配置にさえ慣れれば操作感はかなり快適で、とくに『ペルソナ』の肝となる「弱点属性をスキルで攻撃」や「ダウンした敵を総攻撃」といった要素がアクションRPGにもかかわらずきっちり再現されているのが気持ちいい。また敵は『無双』シリーズのようにわらわら湧いてくるのではなく、『P5』と同様のシンボルエンカウント。

うろついているシャドウに接触すると、ぶわっと大量の敵が出現してアクションバトルが始まるという仕組みだ。その際、奇襲に成功するとプレイヤーが有利な状態でバトルが始めることができ、これも『P5』から引き継がれたおなじみの要素だ。

 逆にアクションゲーム好きには物足りないのでは? といった不安を抱く方もいるかもしれないが、その点についても杞憂であると言っておこう。共通のコンボコマンドが多いと前述したが、その性能には固有差が大きく、状況に合わせた攻撃方法を選べるかどうかでバトルの効率は大幅に変わる。

 またスキル攻撃はR1ボタンで使うと簡単で効果も高いかわりにSP消費が気になるのだが、コンボに折り込まれたスキル発動の場合には効果が少し低いかわりにSPを消費しないというメリットがある。つまりアクション上級者であれば、バトンタッチとコンボの使い分けだけで、敵の弱点属性を突いて総攻撃で華麗にフィニッシュ! といった戦いかたも可能になる。アクションゲームに自信があるならスタイリッシュにキャラを操作し、じっくり派とはまた違った楽しみかたができるだろう。

y_5ded1f46bd550.jpg

全文はこちら
https://www.famitsu.com/news/201912/09188565.html

紹介した3倍の記事量と多くの画像が掲載されています



p5mm_201912092232183b8.jpg
次回更新12/28

comic walker
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM01200674010000_68/

ニコニコ静画
http://seiga.nicovideo.jp/comic/38125





P4Ut_20191209223219a1f.jpg
次回更新12/14

comic walker
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM01200675010000_68/

ニコニコ静画
http://seiga.nicovideo.jp/comic/38126





P5cm_20191209223218874.jpg
次回更新日は未定

裏サンデー
https://urasunday.com/title/200




tgw_20191209223218a76.jpg
次回更新12/27

comic walker
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM19000002010000_68/






★ペルソナ5 ザ・ロイヤル 公式コンプリートガイド
表紙公開

716Qz81IxhL.jpg
ペルソナ5 ザ・ロイヤル 公式コンプリートガイド





349300.jpg

349302.jpg
https://www.gamespark.jp/article/2019/12/09/95287.html




p5rza.jpg
Rクリア後の感想や情報交換はこちらへ




ペルソナ5 (アニメ) 心の怪盗団 フルカラーパスケース



関連記事
 P5santora300x250  P5kousikigashu300x250

コメント

2019年12月10日(火) 03:35
P5S楽しみだけど、まず2/20までにP5Rやり込まないと
一応トロコンしたけど(無印より断然簡単)

メメントスミッションは真が完全ヒロインやね。丁寧に描かれててペルソナコミカライズの中では一番じゃないかな
2019年12月10日(火) 23:43
シャドウワーカーは今回も出番無しか?ゼニガタのとっつぁん的な奴だしゃいいのに「待てぇ~怪盗だ~ん!!」「へっ!捕まえてみなとっつぁ~ん…くぅぅこういうのやりたかったんだよ俺!」的な
2019年12月11日(水) 14:17
ペルソナ5ザロイヤルのコンプリートガイドの表紙の、かすみちゃん完全にヒロインじゃないか。

コメントの投稿

 作品に対する不満のコメントは不満・愚痴専用欄に投稿してください。

  また、誘導もお願いいたします。皆さんが楽しく使えるようご協力ください。
非公開コメント

 

 ※当ブログは、5ch.netの所有者Loki Technology,Inc.からコンテンツ使用許諾を得ています

 ※煽り・中傷・人格攻撃・自演などの迷惑行為は削除や規制の対象となります

  悪質な場合はホスト・IP情報をもとにプロバイダー及び所轄の警察署へ連絡致します

  他の閲覧者を不快にさせないようマナーを守ってご利用ください
   

 Sponsored Link
 関連グッズ
pmr.jpg amazon2018dancing.jpg amazon20thperukon.jpg amazonp5maniakus.jpg amazonp5maniaxtape2.jpg amazonp5kyaraanso.jpg amazonp5ansodna1 amazonperumaga20th
 
 人気記事
 リンク
RSSリンクの表示
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Sponsored Link
ペルソナ persona ペルソナ5 ペルソナ5 P5 persona5 persona5theanimation P5A p5a p5r p5s 女神異聞録 罪罰 ペルソナ3 ペルソナ3 persona3 P3 P3F P3P P3M ペルソナ4 ペルソナ4 persona4 P4 P4G P4A P4GA personaQ PQ PQ2 最新情報 攻略 まとめ ブログ 2ch 5ch 評判 感想 雨宮蓮 来栖暁 福山潤 高巻杏 水樹奈々 佐倉双葉 悠木碧 新島真 佐藤利奈 奥村春 戸松遥 明智吾郎 保志総一朗 喜多川祐介 杉田智和 坂本竜司 宮野真守 モルガナ 大谷育江 ジョーカー アルセーヌ カルメン キャプテンキッド ゴエモン ミラディ ヨハンナ ネクロノミコン ゾロ 鳴上悠 番長 結城理 キタロー 足立透 キャベツ 東郷一二三 武見妙 川上貞代 べっきぃ 新島冴 どうなの イゴール ベルベットルーム カロリーヌ ジュスティーヌ コープ パレス メメントス 女神転生 メガテン アバチュ ライドウ アトラス ATLUS 真エンド アバチュ ライドウ D2メガテン ペルソナまとめサイト ペルソナ5まとめサイト